お弁当も作れなかった私がお料理上手に?!

子どもが生まれるまで、実家暮らしっだった私は家事というものをしてきませんでした。母に上げ膳、据え膳をしてもらい、全てのことを任せてきました。

そんな私が結婚をして、母になり、最初、保育園のお弁当を作らないといけないときに驚愕しました。どうやって作っていいのかわからず、保育士をしている友達がお弁当のおかずを持ってきてくれました。親にも「いい加減にしなさい」と叱られ、優しい夫は何も言わなかったのですが、周りを見渡して素晴らしいお弁当を見ていると本当に自分が恥ずかしくなりました。

それから心機一転、お料理教室に行ったり、ネットでレシピを探したり、雑誌をチェックしたり。最初は材料をダメにしてしまったり、あまり美味しくなかったり、本当に試行錯誤でした。そんな時から10年以上が経ち、子どもの誕生日には手作りケーキを焼き、毎日夫にはお弁当を作ることが苦ではなくなりました。

そんなある日、子どもが母に「うちのママはお料理上手だからさ」と自慢気に話をしていたようなのです。母は「もう、びっくりしちゃったわよ。」と私に報告してくれ、それでも嬉しそうでした。お弁当も作れなかった情けない私が、子どもに「お料理上手」と言われたこと。なんだかとても嬉しかったです。

気になるフィリピンの天気は?詳しい情報ならセブ留学メディアへ。

日本での当たり前が失敗の元!?